「m4/3マウント」カテゴリーアーカイブ

200914 官能すべし滅びの美学

だったら終焉も堪能したら?と思うのです。

”何故それを持つのか?”

その哲学に基づけば、自分の買い物なんて筋書き通りのそれであり、そのプロセスの悩みなど贅沢な作業に過ぎない、と、ザキは思うのです。

要するに、モノが欲しいと思うには、必ず論理的あるいは情緒的な条件設定が発生し、それに基づき買い物をするのだから、「どれにしようかな~」なんて悩んでいるプロセスなぞ「無意味な作業」であり、なおかつ買い物が楽しいと思う人はその無意味な作業と思えるもので快感を得ている、と思う。

ザキのカメラ選びなんて、
 ・ レンズは必要に応じて替えたい
 ・ ここぞって時にミラーのバタバタが大嫌い
 ・ 起動性能第一でセンサーの大きさは程々でいい
 ・ 重さは気にしないが大きさは気にする
 ・ パナソニックが嫌いでソニーが好き
 ・ 撮りたいものはある程度全部撮りたい
という御大層な論理に基づくものである。
なので、MFTオリンパスかソニーαに落ち着くわけである。

然るに。

カミさんがワイに対して「カメラ更新していいよ♡」などと甘言をのたもうても特に必要性は感じていないので「今は、いいや」としか答えない。

ミラーのあのバタバタ感がないととか手触りやホールド感が大事とか塊魂とかペンタにこだわりがとか所有する官能とか、日常のメディアで目にすると「カメラを持つためにカメラを買うのか?」と自分に問うてしまう。人がそう思えば、気にしぃのザキは悩むのだ。

でも結局、絵筆の代わりにカメラを持つ自分には、撮りたいもののためにカメラを買うのであって。

残念ながらオリンパスがカメラを手放してしまったけど、オリンパスのために買っていたわけでもなく、オリンパスのカメラがたまたま条件に合致しただけであったので、残念な気はするけど、悲観してシステム全部手放したり、急遽マウント替えなどを検討したりする理由はないのである。

まぁ、それでも終わってしまうのであれば、カメラが壊れて使えなくなるその瞬間すら楽しんでしまってもいいのではないだろうか?

だらだら言ったけど要するに、オリンパスのカメラを使うのは合理的な理由であり手元のシステムがほぼ完成しているから、オリンパスがカメラ事業を手放しても、ザキは悲観したりじたばたせずに、手持ちのマシンが壊れるまで楽しんで使いますよっと、そういう話。

さよなら、オリンパスのカメラ

まぁ、ずいぶん時間が経ってしまいましたが、オリンパスがカメラ事業を切り離してJIPに事業譲渡しちゃうぜみたいなニュースが6月24日にございました。6月23日生まれのザキとしてはとんだ誕生日サプライズみたいなもんでしたね。

当たり前ですが、ヘビーオリンパスユーザーのザキにとっても極めて衝撃的なニュースでした。が、一方で衝撃的とは言いながら、前振りみたいなことは何度もあったわけですし、それに何よりずーっと前から赤字を垂れ流し放題みたいな感じだったわけですから、この結果は当然のことよねと、わかってたかのような感じがするワイもそこにいるわけなのでございます。

続きを読む さよなら、オリンパスのカメラ

9月も終わり

急に何を思ったのか知りませんが、
土曜日にガンプラ用のニッパーを買いに行ったついでに
手持ち花火を書いました。9月も終わろうかっちゅう
ころではありましたが。

OLYMPUS E-M1MarkII (42.5mm, f/0.95, 1/15 sec, ISO6400)
チャンスはいっぱいありましたが、結局この日が最初で最後でした。

今年も花火は何度かやったのですが、どちらかといえば
「やらされた」ことが多かったので、自分の意思で
花火やろうずwというノリだったのは日曜日が最初で
最後でしたね。

土曜日に買った花火は、すごーーーーーく持ち手部分が
長い花火でしたが、なんだかんだで写真を撮って一番
絵になったのは線香花火でした。
頑張って火花を散らして、最後は燃え尽きて落ちるその
儚さ。人生って何だろうって勝手に黄昏れさせられる
この感じが好きです、結局。

Noctって、何だよ…

そういえばの話。

本来ならあんまり興味のない話ですが、Nikon先生が
”Noct”の商標登録をなされたそうですね。
定番サイトでもニュースになっていて、世のNikon等の叔父様方が
にわかに色めき立つ感じではないんでしょうかね。

Noct Nikkorの名前は知っていましたが、改めてググってみると
「AI Noct Nikkor 58mm F1.2」とか出てきますね。

個人的には、これからフルサイズミラーレスを周回遅れで
投入して頑張る予定のNikon先生が、そのミラーレス導入時に
そんな色物レンズ出してる余裕があるのか非常に疑問です。

今年当該ミラーレスが出たとして、普通に6年後(SONYの100mm STFがそんぐらいかかった)、頑張って3年後ですかね。

DLやKeyMissionの顛末を鑑みると、フルサイズミラーレスは
ラウンチでも問題を起こしそうで、そんな余裕が無さげな気が
しますが、これはザキさんのバイアス付き妄想ということで。

SONYはレンズナイナイ、レスポンス遅い遅い、使いにくいで
ボロカスな言われようでしたけど、安定安心のNikon先生なら
そういう面白いことは無いと思います。

NikonのNoct復活か?で色めく世界を放置して、ザキさんは
COSINAのNoktonで遊び倒しています。

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII (42.5mm, f/0.95, 1/50 sec, ISO800)
盛大に出たって良いじゃないか、パープルフリンジ。

ですがNoktonシリーズは押し並べて、解放だと強光源が盛大に
パプります。MFだし、そもそもマイクロフォーサーズ用の
レンズなので機種を選びます。

だとしても、最近のレンズはパープルフリンジが出にくいので、
開放でのパープルフリンジも味として見ています。

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII (42.5mm, f/0.95, 1/15 sec, ISO800)
Nocturneて夜想曲って意味なんじゃなかったでしたっけ?

ちょっと絞るだけで光芒が出るので、明るさとシャープな光芒が
両立できて、これもまた良し。Noctではありませんがね。

え?G9?なにそれ美味しいの?

ごきげんよう。

パナがLumix DC-G9を海外発表していましたね。
それを見て、「え?お笑いG6?」と思ったザキさんはというと、
額面通りですがやっぱり興味がありません。

とか言ってたら話が進まないので、DC-G9に話を戻します。

うーん、なんと言うかこう・・・
「右肩のダイヤルに何故赤鉢巻?」
としかコメントできない・・・

AFもDFDやし、液晶はバリアングルやし、デジタル時代に
上面液晶要る?だし、4K60pは10分までやし。
適当にしかコメントできない・・・

AF追従・電子シャッターで20fps、AF固定・電子シャッターで
60fpsとまぁ、性能的にはE-M1Mk2にかなり肉薄しているので、
E-M1M2立つ瀬無しじゃない?とか思ってしまうのですが、
やっぱりスチル重視なら像面位相差AFは欲しかったですね。
コントラストAFにこだわりは有ったとしても、です。

あと、LUMIXというネーミングをいい加減やめて欲しいと
思っています。お陰で全く手が出ない。
変なLの字マークとGシリーズのロゴがなくなったけど、
前者は良しとして、G9の銘は有っても良かったと思うけど、
LUMIXってどうよ?って思っちゃいます。

何にしても、ひと目でザキさんのカメラではありませんでした。
あ、でもGX7Mk2がモーレツに安いのでちょっと欲しいです。
もちろん、動画用に。

Prominar 8.5mm F2.8

10月6日、E-M1 MK2のセンサーのゴミを撮ろうとブロワー
かけたら、白い結晶状の物質がセンサーにバラバラと落ちて
きて取れなくなりました。
運動会前だったので「ヤベェ!」ということで、急遽
悪魔カメラ屋にセンサークリーニングを依頼しました。

10月7日、クリーニングが終わったということで回収に
悪魔カメラ屋に行ったら、待っていたのは鬼専務。

「ヘイラッシャイ!デモ機ですけど如何ですか! (゚∀゚)」

目の前にはKowaのProminarMTF三兄弟が一通りそこに
置いてありました。

「なにこれ買わないよ (^q^)」

「いや、ここは借りていきましょう! (゚∀゚)」

「いやダメだよ買わないよ (^q^)」

結局、8.5mm f2.8をとりあえず試して、10月10日に返すと
いうことで落ち着きました。過ぎたら買わされちゃう!

Prominar3兄弟のうちで8.5mmを選んだのは、手持ちの単焦点のどれとも焦点域がかぶらないというのが最大の理由。
手持ちパイとしては、MFですがNokton 10.5mm F0.95があります。しかし、それより更に広角で、フィッシュアイでも
ズームでもなくて、単焦点のパイはもうコレぐらいしかない・・・
と、いうが理由です。

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII (8.5mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO3200)
マニュアルですけど、素直でカリッとした感じが今時レンズですね。

MFレンズですが、色物レンズ感がなくて、今時の素直でカリッと
した描写をしますね。あと、フィッシュアイみたいに歪まない、M.Zuiko7-14mm F2.8 Proと似たような、そんな描き味ですね。
個人的な感想で恐縮ですが。

ですが、些かガッツが足りません。超広角のF2.8単焦点ですが、
M.Zuiko7-14mm F2.8 Proが在るので今は困っていません。
広角単焦点としては、Nokton 10.5mm F0.95があります。
画角の広さは2mm負けますが、F0.95という唯一無二の
要素があります。開放でなかったとしても、F2.0まで絞れば
明るさキープでシャープな光芒が出てきます。

OLYMPUS CORPORATION E-M1MarkII (10.5mm, f/0.95, 1/100 sec, ISO3200)
いまどきレンズらしくなくても、コレぐらい味わいや特徴を「持ってる」といいレンズだと思います。

ということで、当面自分のレンズではないなということで
素直にお返ししました。まぁ、そんなF0.95とかのピーキーさは
要らないけど、広角単焦点をお望みであればいい選択肢ですね。

いわゆるひとつのMk-II

皆の衆ごきげんよう。

吾輩の公式カメラであるα77を差し置いて、E-M1を先に
Mk-2にしやがったザキさんでーす。全く後悔していませんが、
当面「奥の手」が使えなくなるとちょっと寂しいっつーか
至極「怖い」ですね。

とはいえ、今回の買い物は高かった。想像以上に高かった。
あの腐女子に媚びてたオリンパスが強気すぎてドン引きでした。

でもオリンパスが強気になるだけ、Mk2が相応のモノで
あることは既に予習済みです。
しかし、触ってみてそれが嘘ではないことが
ある程度体感できました。 続きを読む いわゆるひとつのMk-II

サボりの決め台詞は「忙しい」

てことで皆様ごきげんよう。

サボり気味の方がいい訳でよく使うセリフに「忙しい」というものが
ありますが、まさしく吾輩もそういうセリフを使いたくなるような、
まさしくそんなシチュでした。

仕事もそうですが、3DSゲーム(主にマリオとアレ)と、チビっ子の
進学(保育園→小学校)の準備にと、無双状態です。ですが、
それらに加えて、もう一つ重要な仕事が。

ボーナスも12月の10日の週に無事に入ってきて、嫁さんに
次期投資計画について説明して、分散処理にはなりますが
直球で言うわけなんです。
「α99M2買ってくれ!」
・・・ってね。

だって皆さん聞いてくださいよ。

  • α99M2でフルサイズデビゥしたい!
  • α77M3の噂がじわ出しているのでα77M2はナイ。
    (つーか、いたるところで在庫ないですしね)
  • 現行のα77のボタン系がマジピンチ(特にセレクトレバー)
  • 動きモノ、風景、星景すべてイケるのはこれしかない!

ってことで、資料まで用意して交渉していました。

続きを読む サボりの決め台詞は「忙しい」

最近はオリンパスが気に入らない

皆さんごきげんよう。

最近オリンパスに対してややご立腹気味のザキさんです。

なんでかって?
E-M1 Mark2が思いの外高かったことじゃないんです。
25mm F1.2 がなんでF0.95なのかとか、そういうことでもないんです。
12-100とか要らんしとか、そういうことじゃあないんです。

じゃあ、なんで?

Olympus PhotoFestaが東京・大阪・名古屋に限られることです。

なんかそのイベントに行ってきてE-M1Mk2触ってきたレポートがあそことかあんなところにアップされると、非常に腹が立つんですね。

2013年はFotopus感謝祭とか福岡でちゃんとやっているし、
2014年のPhotoFestaもちゃんと広島でやっているし、
なんか最近は地方に対して手抜き感が半端ないですね。

クリーニングキャラバンでなんとかしろってことですかね。

E-M1 Mk2を触りたくてウズウズしていますが、
独身時代のフリーダムな身空とは打って変わって、
現在はがんじがらめのガンジーさんですので私。

Gandhi portrait ** NB 159024 **
Gandhi portrait
これはガンジー。偉大なガンジー。

福岡行くのも事前許可申請制で、うちの嫁さんは山口県の
防災危機管理課の高圧ガス担当者より厳しいんですから。

大阪とか名古屋とか通るわけないっしょ。

なんか、オリンパスが我々地方のパンピーとは決別したい意向を
感じているんですけど、どうなんですかね?