「E-M1Mk3」タグアーカイブ

200920 立ち上がる怪気炎

不可逆的な不条理、条理を見出す・・・というかなんとかして織り込むための方法とは何なのか?

それはずばり、”カミさんがキャンプ地の選定でザキに話を振ってきたときに、自分の願望を密かに織り込んだ提案をもっともらしく提案しておいて、採用されたらその時は、カミさんのお休み後の時間を自分の時間として、たっぷり堪能せしめる”という手法である。

要するに、
キャンプ地でカミさんが悩む
→カメラとは無縁の理屈で、自分の望みが叶うキャンプ場を提案
 →当のキャンプ場でカミさんらが寝静まる
  →星空写真を撮りに出かける (゚∀゚)フィーヴァーターイム!
ということ。

やっぱ山の頂上付近のキャンプ場サイコー。
天気も”たまたま”良かったからマジサイコー。
ほら、お空も怪気炎ダダ上がりよ。
星空AFでピンもすぐ来るからもうアゲアゲ。

撮るぜぇ~っ!撮るぜ撮るぜェッ!

この後車で移動中に、クマと思しき生物の後姿を目撃してしまい、ビビったザキはすごすごキャンプ場に戻りましたとさ、おしマイケル。

200919 Let It Be

この四連休、皆さま如何お過ごしだっただろうか?
コロナなんじゃいでごたつく今日この頃から言えば、
ザキとしては
ガンプラ、写真編集、お料理の三漏三昧を夢見ていた。

三漏=心から漏れ出る煩悩のうちのキッツイ三つことをさすが、ザキの場合はガンプラ、写真、お料理の三つを指す。

しかし、現実は違う。
「2泊3日でキャンプへ行くでぇ~!」
とカミさんが宣えば、ザキは黙って従うしかない。
 ・ カミさんはテントとタープが立てられない
 ・ カミさんは目的がなくてもキャンプに行く
 ・ カミさんは端的に言えば一人キャンプは無理
故に、この場合はザキはその気がなくても、カミさんのために黙ってついて行って作業をするしかないのである。

たいそうな意味はありません。”思し召しのなすがまま”

ザキが行きたくても行きたくなくても、行くに値する理由があってもなくても、崇高なカミさんの御意思があればもう行くしかないのである。まさにレットイットビー、思し召しのなすが儘にである。

じゃー、ザキはカミさんが行かなくても行くのか?といえば、
・ これまでの経験でテント・タープは一人で
  立てられるようになってしまった
・ キャンプしにキャンプに行くことはないが、明確な
  目的や理由があればキャンプをするのは厭わない
・ 一人でキャンプに行けって言われたとしても、立派な理由が
  成立すれば行ける
ので、カミさんがいる必然性はない。

だが、残念ながらザキには目的や理由がないし、キャンプを立てるような大仰なキャンプはできる限りせず車中泊にとどめたい。世界のキャンプ好きを敵に回したとしても、キャンプだけが目的のキャンプは、労力と時間の無駄としか思っていない。
キャンプのためのキャンプ好きの好きは尊重はするが、無理に人にやらせちゃだめよ、ザキは厭ヨ~厭々!なんもである。

しかし、カミさんは全くの逆。
キャンプのためにキャンプをし、それにザキを巻き込んでくるのです。それは望まずとも来る台風のごとし。

そして不可逆的なこの関係。

カミさんが望めばザキは行かざるを得ない。
ザキが望めどもカミさんは行かなくていい。
でもザキは特に望むわけでもない。

なんたる不条理!

しかし、不条理の中に己の心を満たす条理をなんとか探し出してなんとかするしかないのである。

そう、何とかするしかないのだ。